もっと広告について知りたい!

もっと広告について知りたい!

広告を打つならメディアを正しく選択すべき

    広告にはメディア特有の属性があります。
とりあえず何でも良いからメディアを使って広告を打てば、一定以上の反響が期待出来た、それは残念ですが、一昔前の環境です。
今や日本人の周辺には多彩な媒体があり、世代や性別、趣味嗜好によって日々利用するメディアは違ってきています。
テレビや新聞は今でも大衆に広くPR出来る媒体ですが、特定の層を狙ってマーケティングしたい場合は、よりピンポイントな効果が期待出来るメディアを選択したいところです。
例えば、スマートフォンのアプリや電子書籍、新型ゲームのPRを若者向けにしたいなら、ネット向けに宣伝活動を行ったほうが確実です。
大手動画投稿サイトやメッセンジャーアプリ、呟きが投稿出来るSNSサイト等、
ターゲット層である中高生が普段からよく利用する場所に広告を打てば、リターンは大きくなります。
またネット広告は既存の媒体に比べてPR期間が細かく選べる、
あるいは費用が格段に安い、といった長所があり、ゲーム会社やアプリ開発会社はインターネット上での宣伝活動に非常に力を入れ始めています。    

メディアによる広告戦略とその変化

皆さんの誰もが、いわゆる「広告」を目にしたことがあると思います。
例えばテレビで、チラシではたまた電車の中吊りとしてなど、いろいろな状況下で観察しているはずです。
そのやり方も多岐にわたり、様々なメディアを介しています。
その主流たるものがテレビというマスメディアを使用したものでしょう。
それは、見てくれる人が多いからに他なりません。
ただ特に若年層を中心に、テレビを見る人が減少してきたと言われています。
それに従い、広告が頼るべきメディアも変化せざるを得なくなっています。
その典型的な例は、インターネットを使用したものです。
特にキーワードのみを短時間で伝えて、あとで検索してというスタイルが急激に増えました。
これはテレビやラジオと違い時間に制限がないため集中して自社の製品を見てもらえる、という長所を生かした戦略です。
それも見てもらえる内容が面白いものであれば、より効果が増します。
この手法はインターネットを駆使する現代人にとって非常に効果的なものと言え、変化に対応している例と言えます。
ただ現在隆盛を迎えつつあるインターネット戦略も、長期的には続くかは不明です。
自然の流れを考えるとまた新しい兆候を示した時には、新たなメディアが生まれるはずです。
その次の流れは何か、と考えると少し楽しみもあるかもしれません。

Valuable information

最終更新日:2018/2/23