もっと広告について知りたい!

もっと広告について知りたい!

広告の成果は必ずマーケティングにあります

広告は、その内容を見たり手に取ったりする不特定多数の購買層に対して商品の性質や販売促進のオススメの部分やメッセージを流すものと考えがちですが、その購買誘因の広告のやりかた方にも、チラシや販促品を配布するのと同じく購買ターゲットを明確にしていかないとあまり効果が期待できません。よくある事例が街中で販促品であるティッシュペーパーを駅前や繁華街で不特定多数に配布しても結果として効果が薄いのと同じく、そこには購買ターゲット層を明確にするマーケティングが欠かせません。
まず広告に費用をたくさんかけるのではなく、このマーケティングに費用を割いてしっかり購買ターゲットをつかむべきです。この基礎の調査がしっかりしているからこそ、広告の内容が生きていますので、せっかくいい媒体のものを作ってもこのマーケティングがおろそかになっていると意味のないものになるため企画を成功に導くにはしっかりしたマーケティングが先決であると思われます。

広告マーケティングで重要視されること

広告についてはさまざまなマーケティング手法が提案されていますが、従来の仕組みから大きく変わってきたのがマーケティング対象の選別方法です。 広告は届けたい方に届けなくては意味がありません。そのため、TVやラジオ、新聞などの広域に一斉に届く広告が利用されることが多いです。しかし、対象をしっかり厳選し、対象が最も利用しやすい媒体を利用するマーケティングに変わりつつあるようです。これはTVやラジオの影響力が下がっているというよりも、広範囲に届くことでのメリットよりも、インターネットなどの効率よく使って広告をより集中的に流すことが重要であると考えられてきてます。
もちろん、TVやラジオも並行して利用する場合も多いですが、これまでの大衆へのアプローチよりも個々の人々へのアプローチ、もっといえば、興味を持ってくれる人へのダイレクトアプローチができる環境が整ってきたと考えている企業が増えてきており、手法もそれに合わせたものが登場してきています。

Valuable information

塾を多治見で検討

最終更新日:2018/8/20